光触媒

二酸化チタンに光が当たるとマイナスの電気を持った電子とプラスの電気を持った正孔ができます。この電子と正孔は水や酸素と反応してOHラジカルなどの活性酸素を作ります。活性酸素は非常に大きなエネルギーを持っているため、環境中の有害物質を炭酸ガスなどに分解・無害化することができ、大気中の汚染物質も酸化して浄化し、無害化することができます。その他、悪臭の分解や毎日少しずつついてくる汚れの分解、曇り止め、タンカー事故で流れ出した原油の分解処理、細菌やかびの繁殖防止などさまざまな用途に使うことができます。そして、二酸化チタンは食品添加物としても利用されている安全無毒な物質で、光で働くためにどこでも利用することができます。


従来型光触媒との違い

  1. 紫外線だけではなく、可視光線(電球・蛍光灯)にも反応
  2.  従来の光触媒は、紫外線もしくは一部の可視光にしか反応しないという欠点がありました。
     それに対し、現在の酸化チタンは、紫外線はもちろん、ほぼ全域の可視光線にも反応する
     ため、太陽の光が入らない空間でも蛍光灯の灯りがあれば光触媒がしっかりと働きます。

  3. バインダー(接着剤)不要
  4.  従来は塗料や糊に混ぜることによって、対象面に付着させていたため、酸化チタンが塗料
     や糊を分解し、やがて酸化チタン自身も剥がれ落ちる(チョーキング現象)欠点がありました
     が、現在は特殊バインダーと表面加工により、水酸化チタン自身がまず金属皮膜となり、そ
     の後光触媒結晶に成長していくため、下地処理(糊面)必要とせず、ほとんどの基材に頑固
     に密着します。

  5. アパタイト皮膜によるロータリー反応
  6.  酸化チタンの表面を皮膜するアパタイトはたんぱく質の吸着性に優れている為、ウィルスな
     ど有機物を強力に吸着します。アパタイトに吸着された有機物は、酸化チタンが光のエネル
     ギーを受けた時点で分解され、これによってアパタイトは吸着力を回復します。これをロー
     タリー反応と呼んでいます。

光触媒の安全性

チタンは、ゴルフ用品等広く使われている素材であり、ホワイトチョコレートは酸化チタン(TiO2)を原料に作られています。また、人口骨、差し歯等はチタンで出来ており、チタンは人体になじむ金属です。酸化チタンは水酸化チタンを焼成して作るため、光触媒は人体に安全で、しかも環境にやさしい製品といえます。また、内装用コーティング剤に使われているアパタイト被覆二酸化チタン粒子の大きさは、細胞内に入り込むと言われているような20ナノメートルから40ナノメートルのものは使用しておりません。粒子の大きさは約0.5ミクロンのものを使用しております。


光触媒施工例


施工後データ