(60分の無料講座)DTPスタートアップ講座のご案内(Illustrator+Photoshop)
  • Illustratorに興味のある人
  • Photoshopに興味のある人
  • チラシや名刺が作りたい人
講師講師

はじめまして! テックラボのWEBデザイン・DTP担当講師の樫尾です。
上記の方のために、DTP講座(Illustrator+Photoshop)を開催します!

ご案内

日時:2月8日(土) 19:30~20:30

会場:テックラボ 問屋町校

IllustratorとPhotoshopを使ったグラフィックデザイン。

DTPとは

ディスクトップパブリッシャの略。直訳すると、机の上での出版となります。

 

つまり、机の上でチラシ、名刺、のぼり、書籍、新聞などの印刷用データーをパソコンで作成して、プリンターで出力を行う一連の作業のことをDTPといいます。

ワードでの書類作成もDTPといえます。

IllustratorとPhotoshopはなんでも作れる反面、機能が多い

商用のチラシや、駅の経路図、大手チェーンのメニュー表などあなたの普段目にする印刷物、WEBページの画像・イラスト等ほとんどが、Illustratorとフォトショップで作られています。

例えばチラシを作成する場合、llustratorでレイアウトを作り、そこにフォトショップで加工した写真、きらびやかななイラストをのせて、チラシデーターが完成します。

Illustratorは非常に緻密なデザインが可能です。が、それゆえ、とても機能の多いアプリです。

Illustratorの挫折体験談。何も作れなくて、つまらない・・

講師講師

私も10年以上前に、Illustratorをはじめましたが、何をどうしていいか、手も足も出ず、つまらなくなり、放り出してしまいました。

でも、諦めきれず、Illustratorの機能を参考書などで1つ1つ覚えていきました。

1年ほどすると、さすがに簡単な名刺程度は作れる様になりました。

さらに、一年後にはチラシが、もう一年後にはWEBデザインができるようになりました。

つまり、IllustratorとPhotoshopがひと通りできるまで2,3年以上も費やしてしまったのです。

これは、ひとえにIllustratorの機能を全て覚えないといけない。 という、間違った認識にありました。

これまでわたしは、大手PCスクールにて、多くの方にIllustratorとPhotoshopを教えてきました。

みなさん、一、二ヶ月もすると、チラシが作れてしまうんです。 講師である私は喜ばしい反面、恨めしい気持ちも多少あったりもしました(笑)。

結論、Illustratorで何かを作成するにはそれほど多くの機能は必要ない。
必要な機能のみを使えば、ほとんどの方が短時間で印刷データーが作成できる。
と思い知らされました。

講師講師

あなたも、綺麗な、可愛い、素敵な何かをIllustratorとPhotoshopでつくりませんか?

お申し込みォーム

[60分の無料講座]DTPスタートアップ講座申込はこちら

必須お名前

必須電話番号

必須興味のあるソフトを教えてください。(複数選択可)

IllustratorPhotoshopその他

ご不明な点など